トップ画像変えました

 最近ね、いろいろ書きたいことはあるんです。だけど書くのがもったいないというか。すごい幸運とか成果とかに巡り合ったときって、自慢したい反面で、こっそり隠したい気持ちもあるじゃないですか。宝くじの1等が当たっても誰にも話さない、みたいな。
 今、まさにそんな1等を手に入れた心持ちなのです。

 まあ、気が向いたらまた更新するかもしれません。

 ちどりあしの更新が疎かなのは平穏の証だとご理解いただき、よろしければ引き続きモバイルの方でも覗いておいてやってください。ナマ暖かい目でひとつ。
 
 
 うえりょはおかげさまで幸せに暮らしております。

| | Comments (5)

アディオス

 楽しかったです、クリスピー祭。

 前回の祭りとは違って、いや、前回の祭りのおかげで大きく変わった情況で更新したりしたので、それが余計に楽しくて。実は楽しすぎて飲みすぎてワケわからなくなって更新してたんですよ。

 あ。それはいつものことだった。

 それにしてもなんというか、一度離れることを決意した場所にまた戻ってくるのは、尻の座りが悪いものです。クリスピー祭ということで久々に更新したものの、盆に実家に帰って晩飯食ってるみたいだった。なのであんまりネタにキレがなかったが、それを言い訳にはしたくないので

 ──また休眠します。

 俺のことは心配しないでください。おかげさまで幸せ死に寸前ですんで。キミらはせいぜい羨ま死にすればええわ!

 じゃあ、いつかまた。

|

クリスピー祭Vol.2:お題その3~間違い電話

   「お客様のおかけになった電話番号は」
 
 
   0503a
 
 
   「現在までに約1兆2千億桁が確認されております。」
 
 
   0503b
 
 
   「もう一度お確か」
 
 
   0503c
 
 
 
 
 
 0503d
 (C)さいとうたかを
 
 
    fes02_bn

|

クリスピー祭Vol.2:お題その2~ゲーム

   「赤あげて。」

   「ハイ!」

   「白あげて。」

   「ハイ!」

   「赤あげないで…、」
 
   0502a
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   「聞けよ。」
 
 
 
   ---
 
 
 
   「赤あげて」

   「ハイ!」

   「白あげて」

   「ハイ!」

   「赤あげないでやさしくしないで」

   「そこから逃げないで」
 
   0502b
 
 
 
    fes02_bn

|

クリスピー祭Vol.2:お題その1~ファーストフード

   「いらっしゃいませ。」

   「ハンバーガーとコーラで。」

   「はい。ご一緒にうしろの方もお伺いします。」

   「…え? なんで!?」
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
    0501
    (C)つのだじろう
 
 
    fes02_bn

|

あれから半年──

 もうすっかり春ですねっ! テメーらご機嫌いかがっ!?

 お久しぶりです。うえりょです。

 一度は「もう忘れてくれ」とかほざいておきながら抜け抜けと舞い戻って来たのはですね、このおいしそうな色でお気づきの方もおられるかと思いますけども、

 crispy2
 第2回クリスピー祭!

が開催されるということで、矢も盾もたまらずインターネッツのモチベーションがエレクチオンしたという次第なのであります。カウパーッ!!

 半年前の第1回クリスピー祭では、勇気を出して参加したのがキッカケとなって思いもよらない新生活やあられもない獣性欲になったりならなかったりしたことでもありますので、その感謝の意味も込めまして第2回も参加させて頂きたいと思います。

 ちゅーわけで、今回は5月1日~3日の3日間連続アップ予定。

 じゃ、これから無いアタマでネタ絞ります。
 GWのちどりあしは季節外れの寒風吹きすさぶ予感だぜ!

----------------

●かんしゃ【感謝】
(名)スル
ありがたいと思うこと。ありがたさを感じて謝意を表すること。
「―の念にみたされる」「好意に―する」「―状」」

   (三省堂提供「大辞林 第二版」より)

|

引っ越します

A0310

<飲酒量:モルツ2缶>

 あのー、よんどころない事情により、今住んでる部屋を出ることになりましたのです。

 そんなこんなで全くもってドタバタしておりまして、相変わらずの絶賛断筆中でスミマセン。つーか別に誰もこんな垂れ流し文章なんて待っちゃあいませんか。そうか。ああそうかよ。読みたくねえやつは帰れ! 今すぐ帰っちまえ! このケトウ! 差別主義者ども!
 
 
 ひさびさに戻って来たとたんに著しくお門違いの悪態を吐いてみました。スッキリ。
 
 
 いきなり皆さんを不愉快な気分にさせてしまったことは心より放っといて話を進めますけども、さて、引っ越し作業において最も楽しい瞬間は、新しい部屋で初めて食事をとるときなのではないでしょうか。

 まだテーブルもソファもテレビも何もない部屋の真ん中にあぐらをかいて、ダンボール箱と新しい畳の匂いに囲まれながら食べる、ビッグマックとポテトとアイスコーヒー、なんてのがね。

 その時ばかりは、ジャンクフードといえども立派なご馳走。これがミョーに美味しく感じるものです。

 ここが身を落ち着ける場所になるのだという現実を、物を食べることによって初めて実感として得られるといいますか。これからの生活への希望や期待や少しの不安が、絶妙なスパイスになるといいますか。

 そんな素敵な食事を、さて今回、私は一体誰と楽しむことになるのでしょうか。

 君かな? それとも君と? はたまたそこの貴女なの!? もしや引越し屋のニイチャンと!?
 
 
 なーんつってな。
 
 
 ぶっちゃけるとまあそんな情況ですので、ちどりあしは再び絶賛放置中になりそうな勢いです。つーか何もぶっちゃけてないし。あのー、最近は人に言えないような出来事ばかりに包み包まれしているうえりょなのですよ。察してください。つか察しろよ。全く人の気持ちの解らないやつらばっかだな! このケトウ! 拝金主義者ども!
 
 
 オホン。ともかくですね。

 更新もないのに毎日来てくださる、愛すべき皆さまへ。

 生活が落ち着いたらまた戻ってくるつもりですが、その時は心機一転、タイトルから何から全部リニューアル、もしくは新設するんじゃないかと思います。

 なのでもう、ちどりあしのことは忘れてくれてていいです。

 どうもありがとうございました。半年ちょっとでしたが、皆さんのおかげで、とてもとても楽しくやって来られました。
 
 
 というわけで。ひとまずさようなら。

 また会う日まで。
 
 
 
 ~ 追 伸 ~

 ついにカメラ付きケータイに乗り換えましたので、モバイルサイトを作りました。

 まだ私にお付き合いくださるという、すっかりメロメロな方がもしおられましたらすぐ病院に行ってください。違った。しばらくこっちを覗いててください。ぜってーつまんないと思いますが、私が生きてることだけは確認できると思います。私のことが心配でしかたないタイプの方にはうってつけ。そんな方はやっぱり病院行ってください。保険は利かないと思います。

----------------

●さよう-なら ―やう―【左様なら】
〔「さようならば」の意〕
(感)別れるときの挨拶(あいさつ)の言葉。さよなら。
(接続)それなら。
「―のちに来ませず/滑稽本・膝栗毛 」

   (三省堂提供「大辞林 第二版」より)

|

目覚め

A0224

<飲酒量:モルツ4缶 淡麗1缶>

 随分とごぶさたしておりました。

 実は、とっくに終点に到着していて動く気配のなかった列車からようやく降りましたところ、目の前に甘い匂いの特急列車が風を巻いて滑り込んでまいりまして。思わずそれに飛び乗ってしまい、ちょっと、いや、かなり遠くまで行っておったのです。

 というか、どうやらそのまま帰れそうにありませーん。


 そんな感じで、どっこい生きております。うえりょです。こんばんわ。


 そうそう。最近、ついに手を染めてしまいました。

 タバコに。

 齢三十三にして不良デビューかよ。


 これまでも飲みの席などで吸ったことは幾度かありましたが、それはまあカッコつけのポーズで。決して心から楽しんで吸っていたわけではなかったのです。
 ところが先日、仕事で深夜まで結構な重労働を終えた後、ちょっと一服でもしてみるかと、タバコが大好きな知り合いからもらった一本に火を点けたのですね。

 実はシラフの状態で吸ったのは、ほとんど初めてだったわけですが。

 (…あ?)

 たちまち頭がフンワリし、疲労がスッと抜けていく。

 (あーあー。なるほどー)

 なんならもう一働き出来そうな感じじゃあないか。

 (これかー!!)

 いや、旨かったのなんのって。


 思えば、ビールの旨さを心底理解したのは、体育祭の打ち上げでした。あ、その時の年齢は訊かないでください。
 それまでは単に苦い飲み物でしかなかったはずのビールの炭酸が、カラッカラの喉を心地よく打ち、アルコールが疲労し切った細胞に染み渡る、あの痺れるような快感。

 (これかー!!)

 こういうのって、自転車に乗れるようになる時のフィーリングと似てる気がします。


 つーか。
 こんなイイもの、みんなは昼間っから会社で堂々と吸ってやがったのか。ズルイ。俺なんてさすがに会社ではビール控えてるのに。

 どうやら、真面目クンが過ぎたようだぜぇ。

----------------

●ふりょう ―りやう【不良】
(名・形動)[文]ナリ
(1)質・状態などがよくないこと。機能などが完全でないこと。また、そのさま。
「栄養―」「成績―」「―な品」
(2)品行の悪いこと。また、そのような若い人。
「素行の―な男」「―少年」

   (三省堂提供「大辞林 第二版」より)

|

そんな感じのバレンタイン

A0214

<飲酒量:モルツ6缶>

 延々と鳴り続けるケータイのバイブに、闇の中から強制的に意識を浮上させられる。

 目をこすりこすり、ごきげんナナメで液晶に映る電話番号を見れば、だ。

 会社からの外線発信。

 なんやねん。

 こんな日曜の朝から、一体。

 シカトしたろか…。

 …。

 …。

 わー。今日、月曜やーん。

 「もしもしっ! お、おはようございますっ!」
 全然おはやくない。とっくに10時過ぎてる。

 「スンマセン! スグ行きますんでっ!」
 全然スグじゃない。今からじゃ1時間はかかる。


 ──とりあえず午前中には会社に着いた。

 「いや~、家の外がチョコの山で! 玄関のドアがなかなか開かなくて弱ったよ~」

 寝坊のことはファンタジックな言い訳で煙に巻いてはおいたが、実際のところは、義理も義理のちんま~いチョコが全部で3つだけでした。

----------------

●けむ【煙/烟】
〔「けむり」の略〕「けむり(煙)」に同じ。
――に巻・く
信じがたいことや相手がよく知らないようなことを言って、相手の判断力を狂わせる。

   (三省堂提供「大辞林 第二版」より)

|

記念でもしとくか

A0211

<飲酒量:モルツ5缶>

 このところ更新がまばらで、毎日お越しいただいている皆様にはホントに申し訳ありません。
 仕事が忙しいのも理由の一つですが、それよりも心が忙しくて。アホなこと考えとる余裕がないんですわ、最近。

 いろいろありまんねん。こんな男でもな。

---

 とまあ、んなことゆーとるうちに、このちどりあし。いつの間にやら累計10,000アクセスをとっくに超えておりました!
 全然気付いてませんでした。つまりそんな事どーでもいいと思ってるわけですが、厚く御礼申し上げます。一応。

 そこで記念企画!
 ちどりあし大プレゼントクイズ~! パフパフ~!

 私の所蔵する、とっても大事にしている超豪華アイテム3点(捨てたくてしょうがないけど、なんとなくもったいないもの)を、読者の方に大・大プレゼントしてしまいます。奮ってご応募ください!

 では、プレゼントのご紹介。

 <A>
 『和風ドールハウス創刊号・第2号』

 A0211a

 早くも購読中止が決定されたようです。大変お騒がせいたしました。2冊ともまだ新品です。頼むからもらってくれ。邪魔やコレ!


 <B>
 『FinePix 2900Z』

 A0211b

 フジフィルムのデジカメ、2.3メガピクセル。実はまだまだ使ってるんですけど、充電池がヘタってるし、デカイし、もう買い換えようと思って。欲しい方おられましたらもらってやってください。32MBのスマートメディアもお付けします。


 <C>
 『エイヒレの浜焼』

 A0211c

 さっき酒屋のお婆ちゃんにもらいました。親切でもらったものをプレゼントにするとは、なんて礼儀知らずなんでしょう。でもスルメ系って、意外にビールに合わんのですよ、私の味覚では。より美味しく食べていただける方に差し上げます。「理由(わけ)あって、人気です。」だそうですよ。



 では、クイズです。

   ちどりあし
   『今宵も○○で○○○○○』

 ○○に入る文字を書いてください。別に正解しなくていいです。むしろ正解じゃないほうがいいです。なんなら文字じゃなくてもいいです。
 オモシロかったものは、後日あらためてご紹介させていただくなり、私のネタとしてパクらせてもらうなり、悔しさのあまりゴミ箱に放り込んだりさせていただきます。


 さて、プレゼント自体は、答えの良し悪しと関係なく、厳正なる抽選(ドラクエ8のカジノのビンゴゲーム)にて決定いたします。じゃあクイズ出すなっつー話ですが。

 まずは、

  ・クイズの答え
  ・ご希望のプレゼント(A~C)
  ・うえりょへの愛の告白もしくは罵詈雑言

 以上をご記入の上、メールもしくはコメント欄でご応募ください。
 あ、「んなくだらねえもんイラネ」って方は、クイズだけの参加も大歓迎!

 当選者の方には折り返しご連絡しますので、その時点で発送先をお知らせくだされば結構です。もちろん送料はこちらで負担いたします。締め切りはテキトーに、まあ2週間ぐらいの感じで。



 さーて。

 これで応募ゼロだと、かなりオイシイぜぇ!(あらかじめ強がっておく)

----------------

●おれい【御礼】
(1)感謝の意を表すこと。また、その言葉。
「―を述べる」
(2)感謝を表すために贈る品物。
「ほんの―のしるしです」

   (三省堂提供「大辞林 第二版」より)

|

«食べることこそ生きる楽しみ